御手洗さんはクラスの便器

第七話 小便器

「はーい、注目!」

 軽く手を叩きながら、ゆうは声をあげた。

 それに応ずるように、教室のあちらこちらで密やかに行われていた、無関係なおしゃべりがおさまる。そして、生徒たちの視線が自分に集まったことを確認して、彼女は話を続けた。

「これから、クラスの便器の使い方について説明します。準備と違って、使い方は、みんなに関係することですからね」

 優花はそこで一拍を置くと、ふたたび生徒たちを見渡した。そして、きちんと話を聞いていることを確認し、さらに続ける。

らいさんはクラスの便器なわけだけど、見てのとおり、一般的な便器とは少し異なります。だから、これから便器係の二人が行ってくれる使い方のお手本をしっかりと見て、御手洗さんのことを、クラスの便器として、正しく使ってあげてね。わかったかしら?」

 その内容は、従来同様、のことを、すっかり便器として扱っているものだった。だが、優花の表情からは、自分がいかに常識外れなことを言っているのかということは、微塵も感じられない。それどころか、温和な表情、そして優しげな口調から、ごくごく当たり前のことを言っているのだと、彼女が考えているのは明らかだ。

 そしてそれは、生徒たちも同様らしい。彼ら彼女らのはっきりとした返事は、優花を満足させるものだったが、その抑揚もまた、この状況に一切の疑問を感じていないものだった。

 そんな状況の中、当の菜乃は、どこかボーッとしたままだ。それでも、自分は便器などではない、みんなと同じ人間の生徒だという思いは、当然のようにある。だが、頭の中では、例の言葉が繰り返されていた。

 ――私は便器。

 ――私は便器。

 ――私は便器。
 
 そして、クラスのトイレである白いタイル敷きの上で、光沢を帯びた白い便器装束を身に纏ったまま、動くことができずにいた。
 
「それじゃあ、まずは、男の子が御手洗さんを使う場合なんだけど……」

 だが、そんな菜乃の様子を気に留めるでもなく……、というよりも、そもそも気づいてすらいないのだろう。優花は、穏やかな口調でそう言うと、しようの方へと振り向いた。

とうくん。お願いできるかしら?」

 その言葉を受け、翔太はふたたび、菜乃へと相対した。そして、相変わらず、少しぶっきらぼうながら、それでも相手への思いやりを感じさせる口調で話しかける。

「御手洗……」

 だが、それに対して、言葉を発することができずにいる菜乃。そんな少女に対して、今度は少し大きめな声で再度呼びかけた。

「おい、御手洗……」

「ふぇ……っ」

 そんな、言葉にもならない返事を発した菜乃だったが、翔太はどこかホッとした表情を見せる。

「もうちょっと、下がって。オレが、トイレに入れないから……」

 そして、タイル敷きの板、そのほぼ中央に立っていた菜乃を、少し端側へと押しやった。そして、自分は、空いたもう反対側へと足を踏み入れる。そのため、菜乃と翔太の二人は、白いタイル……、つまりはクラスのトイレの上で、対峙することとなっていた。

 だがそこで、翔太は、不意になにかを思い出したかのようだ。そして、自らがはめていた掃除用手袋を外すと、かたわらに置かれたバケツへと放り入れた。

 それは、青いプラスチックでできており、側面には黒いフェルトペンで菜乃たちの学年クラス、そして「便器用」という文字が記されていた。そして、その中には、ブラシや雑巾、プラスチック製のボトルなどが入れられていることからも、それが菜乃のための掃除道具であることは明らかだ。

「御手洗……、その……」

 ふたたび対峙した翔太は、菜乃のことを見つめながら、そう言った。そんな視線に、彼女はほんのりと頬を染めたが、それは心の奥から湧き上がる不思議な感情のためだった。

 ふたたび訪れた、しばしの沈黙。だが、お互いを凝視したままの教え子たちに、優花が穏やかに声をかけた。

「ほら、武藤くんたら。ちゃんと言わないと、御手洗さんもわからないわ。きちんと、なにをしたいから、なにになって欲しいのか、言わないと……」

 そして、一拍置いた後に、こう続ける。

「それが、便器である御手洗さんへの、礼儀というものよ」

 そして、にっこりと微笑んだ優花だったが、翔太も、そして菜乃も、教師へと振り向きはしなかった。それでもなお、翔太だけは軽く頷くと、口を開いた。

「御手洗……、オレ……、オシッコしたいから、小便器になってくれ……」

 それは、常識では考えられないことだった。少女に対して、小便器になってくれなどということは、通常あり得ない。だが、そんな翔太の言葉に、優花は付け加えるかのようにこう言った。

「はーい、みんな……、特に男の子ね。オシッコだけがしたい時には、今みたいに、御手洗さんに伝えてあげてね。オシッコがしたいから、小便器になって……って。そうすれば、結果的にスムーズにオシッコできますからね」

 それもまた、異常な発言だったかもしれない。だが、そんな言葉に対して、むつも、そしてクラスメイトたちも、なにも言わない。それは、この状況に何一つとして異常さを感じていないということの表れであった。

 だが、それは菜乃自身も同様だった。そして、いまや、菜乃の頭の中で、先ほどまで繰り返されていた言葉に変化が生じていた。

 ――私は便器。武藤くんの小便器。

 そのうえ、だんだんとそんな考えに、違和感を抱かなくなっていく。

 教室中に広がる、同級生たちの返事。それを、どこか遠くのことのように感じながら棒立ちになっている菜乃だったが、やはりそんな少女のことを気に留めるでもなく、優花が菜乃の使い方の説明を続ける。

「男の子がオシッコだけをする場合……、つまり御手洗さんを小便器として使う場合ですが、男の子自身がする準備は、一般の小便器を使う場合と変わりありません。つまり、ズボンのファスナーを開けて、パンツの前開きから……、もしくは、ずらして出す人もいるかもしれないけど……、ともかく、オチンチンを御手洗さんの前に出してあげれば、それでいいわ……」

 ふたたび、事もなげに告げられる、異常な指示。だが、やはり、誰もそのことに異を唱えようとはしない。もっとも、一部女子からは、クスクスといった笑いがあがったが、それは、また別の意味だったのだろうが。

「でも、今回だけは特別です。御手洗さんを小便器として使う場合にどうすればいいのか、それがよくわかるように……」

 そして、翔太へと、こう告げた。

「それじゃあ、武藤くん。お願いできるかしら?」

「はい」

 それに対して、はっきりと返事をした翔太は、不意に動き始めた。

 まず、ベルトのバックルに手をやると、それを外してしまう。そして、学生ズボンのホックを外し、ファスナーも降ろしてしまうと、それを足元まで降ろしてしまった。さらには、あらわとなったボクサーブリーフの腰ゴムへと手をやり、それもまた一気に下ろしてしまう。

 いまや、翔太の下半身を覆うものはなにもなく、すべてがあけすけにさらされていた。そして、これもまた、本来であればあり得ないことだっただろう。なにしろ、教室という公の場所で、多くのクラスメイトたちを前にして、自らの秘すべき部分をさらしているのだ。

 だが、そのことに対して、やはり、誰もなにも言わない。もちろん、見えていないということはない。その一方で、違和感を抱いていないことも、また事実だった。

 もう少し細かく言えば、翔太が下半身をあらわにしているということは、当然のようにみんな理解していた。その一方で、それが白いタイルの上、つまりはクラスのトイレにおいて行われているかぎりは、なんら不思議なことではないとも思っていた。それは、トイレにおいて、その部分をさらけ出すのは決しておかしなことではなかったのだから……。

「御手洗……、その……、もう、出そうなんだけど……」

 そんな翔太の言葉に、菜乃は力なく、膝立ちの姿勢を取った。不思議なことに、自分がなにを成すべきなのか、それが自然と頭の中に浮かんできたためだ。

 だが、そうすると、菜乃の目の前に、それがはっきりと見て取ることができるようになった。そして、息を飲んだ。

 ――む、武藤くんの、オチンチン!

 翔太のそこは、いまだ一切の発毛がなく、ツルツルなままだった。そのうえ、ペニスそのものも色素沈着はまったくなく、他の肌と同様に生白い。そして、その亀頭部分も、しっかりと包皮に覆われており、さらにはその先端部分に余った皮が、ドリルのような様相を呈している。

 それは、まだまだ、子供のオチンチンだった。だが、その一方で、だらりと垂れ下がった睾丸の大きさ、そして、スリムながらも亀頭部分が膨らみ始めているシャフトの形態から、少年が確実に第二次性徴を迎えつつあることも、如実に表していた。

 そんな、初めて見る、同い年の男の子のオチンチンに、思わず目を見開いている菜乃。だが、この次になにをすべきなのか、それはすでに頭の中に浮かんでいた。それでもやはり、動けずにいたのは、しかたなかっただろう。

「御手洗……」

 だが、そんな動こうとしない菜乃に対して、翔太がふたたび声をかける。いらだっているというわけではない。それでも、どこか焦燥感を抱かせる、そんな口調だった。

「御手洗……、オレの小便器になるの……、イヤか?」

 その言葉は、菜乃にある種の衝撃を与えた。かつて親しかった男の子の、その裏に悲しさを感じさせる言い方に、頭の中ではある言葉が渦巻いていた。

 ――私は、イヤなの? 武藤くんの小便器になるの、私はイヤなの……?

 そして、まるで操られるかのように、少年が親指と人差し指で保持したペニスへと、顔を寄せていく。そしてそのまま、白い便器装束から表に出ている、愛らしい唇で咥え込んでしまった。

「はーい、注目!」

 その様を見て、優花がふたたび声をあげた。

「これが、御手洗さんを小便器として使う場合の、正しい方法です。男の子は、よく覚えておいてね。そして、ここまできたら、後はオシッコすればいいだけだから……」

 そして、菜乃にペニスを咥え込まれている翔太の方へふたたび向き返ると、こう告げた。

「武藤くん。もう、我慢できないんでしょ? オシッコ、しちゃってもいいわよ」

 そんな教師の許可と同時に、翔太は自らの尿意を解き放つことにしたようだ。生暖かい奔流が、菜乃の口中へと押し寄せた。

「う……、うぅんっ……!」

 そんな、自らの口を冒している液体がなんなのか、わからない菜乃ではなかった。当然のように、今すぐにでも吐き出してしまいたい、そんな感情に囚われてしまう。

 だが、不思議なことに、そうすることができない。もはや、頬がパンパンに張るほどの尿が流れ込んでいたものの、それでも、なんとか飲み込むことだけは避けようとする菜乃。だがそれも、もはや限界かに思われたその時……。

 不意に、翔太の放尿が止まった。

「ゴメン、御手洗。いっぺんに、オシッコ出し過ぎたよね? もう少し、ゆっくり出すから……」

 相変わらず、表面上はぶっきらぼう。だが、その奥底に気遣いを感じさせる少年の言葉。そして、尿意を抱いているにもかかわらず、一度その奔流を止めてくれた優しさに、菜乃の中でなにかが変わった。

 ――こんなにも大切に使ってくれるのに、自分はなにをしているのだろう。私はクラスの便器なのに、最低限の役割も果たせないなんて……。

 それは、菜乃が自らのことを便器として受け入れた、まさにその瞬間だった。

 ゴクン――。

 菜乃の喉が動いた。最初に大きく一回。そして、その後は連続的にだ。

 ふたたび、翔太のペニスから流れ出す尿。だが、あまりにもいっぺんに、菜乃の口へと流れ込まないよう、彼が細やかな調整をしてくれていることは、少女にもよくわかった。

 そんな優しさを感じながら、菜乃はあることを確信していた。自分は彼のことが好きなのだということを。そのうえ、苦み走った、しょっぱさを感じさせる彼の尿を飲み込みながら、心からこう考えていた。自分を最初に便器として使ってくれたのが、武藤くんで本当によかったと……。

 そんな思いを抱きながら、ある種の光悦感を包まれながら尿を飲みつづけていた菜乃だったが、注ぎ込まれる奔流も、いつまでも続くわけではない。相当溜め込んでいたとみえ、通常よりは量も多く、それを放出する時間も長かったかもしれないが、翔太の放尿もやがて終わってしまった。

 丸みを帯びた頬を上気させたまま、菜乃は動かない。だが、自分の口の中で翔太のペニスが微かな変化を見せ始めていることには、気づいていた。柔らかさの中に、奇妙な硬さを帯びていた少年のペニスが、その体積を増し始めたのだ。

 だが、放尿自体は終わったためなのだろう。翔太は、自らのペニスを、少女の口から引き抜いた。

 ふたたび、菜乃の目の前に現れた翔太のそれは、従前とは形状が異なっていた。まず体積が増し、上方斜め四十五度程度の角度で屹立している。そのうえ、先端で余っていた包皮がまくれあがり、ほんの微かではあるが、亀頭先端を覗かせていた。

「はーい、もう一度注目!」

 優花が、おとなしくお手本を見ている生徒たちに、呼びかけた。

「これで、オシッコは終わり。この後、本当だったら、オチンチンを振るって、男の子たちは知ってると思うけど、御手洗さんは普通の便器と違うから、そんなことしたら他の部分に飛び散っちゃうの。だから、オシッコが終わったら、オチンチンは御手洗さんに、しっかりと清めてもらってね」

 そして、久しぶりに菜乃の方へと振り向くと、さらに続ける。

「本来は便器の役割じゃないけど、男の子のその部分……、亀頭って言うんだけど、そこもきれいにしてあげてね。まぁ、武藤くんは『むきむき体操』をしていなかったみたいで、皮に覆われてるから、剥いてあげてからねっ」

 その言葉に、菜乃は無意識のうちに、翔太のそこへと手をのばしていく。そして、右手の親指と人差し指、そして中指の三本を、亀頭を覆っている包皮へとあてがった。

 冷たいラテックスの感触に、翔太は思わず身をすくめたが、菜乃はかまわず、自らの役割を続ける。包茎ペニスを剥きあげるべく、指を動かし始めた。

「い、痛いっ……! み、御手洗、やめてくれっ!」

 だが、翔太の包皮は、現状以上、まくれあがることはなかった。激しい抵抗を感じた菜乃だったが、さらに力を加えようとしたその時、優花が穏やかに制した。

「御手洗さん、もういいわ。武藤くん、かなり痛そうだから。それに、いま、無理に剥かなくても、そのうち……、御手洗さんがクラスの便器の間には、自然に剥けるようになると思うから。今のところは、表に出てきている部分だけ、きれいにしてあげてね。それでいいから」

 菜乃は小さくコクリと頷くと、愛らしい唇を開き、舌先を出した。そしてそのまま、ほんの少しだけ露出した、翔太の鈴割れ部分へとのばしていく。

「ダ、ダメ……っ。い、痛いから……」

 だが、生まれてこのかた十二年余り、常日頃から過保護にも保護されている亀頭粘膜をいじられ平静でいられるほど、翔太の身体は成長していなかったようだ。

 それにもかかわらず、菜乃は舌先の動きを止めない。レロレロといった感じで、その先端を小刻みに上下させ、思い人のその部分を清めていく。

 やがて、いったん舌先を離した菜乃は、優花の指示にもかかわらず、翔太の包皮をさらにまくり上げるべく、ラテックスで覆われた指先を動かし始めた。そして、自らの鼻先にあるペニスを、無意識のうちに優しく撫でさすったまさにその時……。

「……っ!」

 翔太は、どうやら黙って射精をするタイプらしい。無言で、目を固くつぶったまま、絶頂に達したのだ。

「ちょっ……。武藤、なにやってんの!」

 そんな、翔太の顔射を見て、睦美は血相を変えて叫んだ。

「あらあら、武藤くんたら。学校で……、クラスの便器にこんなことしちゃ、ダメよ。まぁ、そういう年頃だっていうのはわかるけど、こういうことはおうちで……、ねっ? 他の男の子たちも、クラスの便器にこんなことしちゃ、ダメだからね?」

 優花の言葉に、苦笑交じりの返事が、男子たちから発せられた。

 そんな、クラスメイトたちの和やかな雰囲気の中、いまだほうけたままの翔太を睨み付けながら、睦美は菜乃のもとへと駆け寄った。そして、親友の顔面……、白いラテックスの全頭マスクと、唇の周りに付着した精液を、丁寧に拭い始める。もっとも、そのために使ったのが、青いバケツの中にあった「便器用」と書かれた雑巾だったのは、菜乃が便器である以上、致し方なかったのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました