ある女子生徒の学級日誌

四月十四日 水曜日 身体測定当番

四月十四日 水曜日

日誌担当:小倉みずき(女子日直)

 今日は、新入生、つまりは私たちの身体測定が行われました。

 そして、各クラスから二人の生徒が選ばれ、そのお手伝い当番をすることになっていました。このクラスでは、日直の私と遠藤くんです。

 身体測定が始まる前、私たちは、教室で着ているものを全部脱ぎました。そしてこれは、前日から知らされていたことでした。

 この中学校の校是は「健全な肉体に、健全な精神」です。そのため、私たちがどれだけ健全な発育を遂げているのか、それをよく確認するために、全裸姿で身体測定を行うのは、我が校の伝統だからだそうです。

 そして、先生にそう説明されてしまっては、私も、他の級友たちも、拒否などできなかったのです。それでも、やはり人前で裸になることは、恥ずかしいことでした。でも、仕方ありません。

 もちろん、私は、校則で厳格に決められた制服を着ていました。

 ですから、最初に脱いだのは、紺色の三つボタンのダブルイートン。胸ポケットにはしっかりと布製の名札が縫い付けられています。

 そして、次は白い丸襟のブラウス。胸のポケットに名札が縫い付けられているのは、上着と同じです。

 次に、膝下十センチ丈と決められた、紺色の車襞スカート。もちろん、毎朝の検査でしっかりと確認してもらっていますので、長さは規定通りです。

 そこまで脱いでしまった私は、すっかりと肌着姿になってしまいました。

 それは、もちろん指定品の、ランニング型切替スリップです。校則では「シミーズ」という名称で記載されたそれは、胸回りが白の木綿製で、化学繊維でできた下のスカート部分が繋がっている、そんなスリップですが、この中学校に入学するまで、私はこんな肌着があるとは知りませんでした。

 いずれにせよ、男の子もいる教室で、そんな下着姿になったのですから、それだけでも恥ずかしかったのは事実です。

 ですが、もちろん、これで終わりではありませんでした。

 木綿製の胸部分に、大きな布製のゼッケンが縫い付けられたそれを、私は脱いでしまおうかと思いました。

 ですが、あることに思い至った私は、その手を止めました。シミーズを脱いでしまう前に、まだ脱げるものがあると思ったからです。それは、単なる時間稼ぎ、しかもほんの数秒のものに過ぎなかったのですが、それでも私は、そちらを優先しました。

 かがみ込んだ私は、甲ゴムのある、白いズック製の上着を脱ぎました。もちろん、校則通りに、それにも学年、組と、私の名前が黒いフェルトペンでしっかりと書かれています。

 そして、白い木綿でできた、三つ折りソックスも脱いでしまいました。そちらにも、校則に従って、学年、組と、名前が記されているのは当然のことです。

 そこまで脱いでしまった私は、いよいよ一番の大物に取りかかりました。それはもちろんシミーズだったのですが、それを手早くたくしあげると、頭から抜いてしまいました。そして、それだけで、私の胸はすっかりとあらわにされてしまったのです。

 でも、それは当然のことでした。その下にはなにも身に着けていなかったのですから。

 私たち一年生は、まだ誰も、ブラジャー認定を受けていませんでした。校則で決められたとおり、私たちは、学校から必要と認められないかぎり、ブラジャーを身に着けることができません。そして、今日行われた身体測定が、最初の認定日だったのですから、それも当然のことです。

 そんな上半身裸となった私は、思わずその胸を覆い隠してしまいました。右側の腕で軽く押さえるように、少しでも見えないように努力しましたが、実際にはどれほどの効果があったのか、それはわかりません。

 最後に残ったのは、パンツでした。校則では「パンティー」という名称で規定されているそれは、当然ながら、白い木綿でできているものです。私のおへそまでをも覆ってしまうほどに大きなそれは、腰回りと両脚の部分にゴムが通っているタイプですが、もちろん校則に従って、その前側には、私の学年、組と、名前が書かれた布製ゼッケンが縫い付けられています。

 さすがに躊躇しました。ですが、そうしていても仕方ありません。私は、左手だけを使って、なんとかパンティーを脱いでしまいました。そして、机の上にすでに置かれていた他の制服類の上に、ゼッケンがはっきりと見えるようにきちんと置くと、素早く左手を使って、割れ目を覆い隠してしまったのです。

 身を縮めた私は、恥ずかしさに消え入りたい気持ちでした。

 ですが、せめてもの救いは、こんな格好をしているのが私だけではなかったということでしょうか。

 隣の席では、遠藤くんも脱ぎ終わるところでした。すでに、学校指定の詰め襟学生服、学生ズボン、白い木綿製のランニングシャツ、そして上履きと靴下は脱ぎ終えていたようです。そして、最後に残った、同じく指定品の白い木綿のブリーフを手早く脱ぎ去ると、同じように学年、組、そして名前の書かれた前側を上にして、他の制服類の上に置き、おちんちんを両手で覆い隠してしまいました。

 そして、私や遠藤くんのような格好は、教室の中のあちらこちらで見受けられるものでした。なにしろ、全員が裸になっていたのですから。

 お手伝い当番の私と遠藤くんは、一足早く体育館へと向かうことになりました。準備ができるまで、他の級友は教室で待機ということでしたが、みんな、その身を縮めるようにして自分の席に座っていました。

 そんなクラスメイトたちを尻目に、私たちは、体育館へ向かうために、廊下へと出て行きました。もちろん、一糸も纏わない、全裸のままです。

 まだ休み時間でしたから、そこには、二年生や三年生の先輩たちが多く歩いていました。そして私たちは、きちんと制服を着た先輩たちの中を、大事な部分をなんとか手で覆い隠しながら、全裸で歩いて行ったのです。

 でも、周りの先輩たちは、誰も、なにも言ってきませんでした。そして、今になって思えば、それも当たり前だったのかもしれません。なにしろ、全裸で身体測定を受けるのは我が校の伝統であり、先輩たちにとっては当たり前のことだったのでしょうから。

 ともかく、体育館に着いた私と遠藤くんでしたが、他のクラスの当番は、もうすでに到着していました。そして、担当もすでに割り振り終わっていたのです。

 私たちは、最後に残されていた役割を指定されました。それは「股間」担当でしたが、それがなにをするものなのか、その時は私も遠藤くんもわかりませんでした。

 やがて、お手伝い当番のみんながおのおのの持ち場についたところで、チャイムが鳴りました。しばらくすると、他の一年生たちが、クラスごとにきちんと整列したまま、体育館へとやって来ました。もちろん、全員真っ裸なままです。

 そして、クラスごとに集まって、整然と整列していましたが、みんながみんな、なんとか秘密にしたい部分を隠そうとしているのが、前側にいた私からはよく見えました。

 測定自体は、一組から始まりました。そして、それ以外の組の人は、その場で体育座りをすることとなったのですが、みんな両脚をきつく閉じて、膝をかかえこむと背中を丸め、その場で縮こまっているようでした。

 身体測定では、身長、体重、胸囲、そして股間の、四項目の測定が行われる予定でした。そして、一組の人たちは、身長の項目から始めていましたが、そこでは、先生により激しい叱責が飛んでいました。どれだけ健全な発育をしているかを見るために身体測定をしているのに、手で体を隠すんじゃない、と。

 そのため、みんな両手を脇に添え、直立不動の姿で整列することになったのです。もちろん、そんな格好をしているのですから、その裸体は余すところなく見て取れました。

 私たちの隣は胸囲でしたが、最初の人がそこへとやって来ました。そして、男の子は女の子の当番に、そして、女の子は男の子の当番に、おのおの測定してもらうことになっていたようです。

 特に、女の子は、男の子の当番に胸をはっきりと見られ、その上でメジャーまであてがわれてしまうのですから、よっぽど恥ずかしかったのでしょう。みんな顔を真っ赤にしていることが、遠目でもよくわかりました。

 そして、測定の最後に「あー」というため息が、測られる側の女の子から出ていましたが、それがどういう意味なのかは、その時の私にはわからなかったのです。

 とうとう、最初の人が、私たちの元へとやって来ました。

 私たちの担当する「股間」という項目ですが、先生に説明を受けることで、ようやく、なにをするのかが理解できたのです。

 それは、男の子はおちんちんの長さと太さを、女の子は割れ目の長さとクリトリスの大きさを測るというものでした。

 私の目の前へ、次々と男の子がやって来ました。

 どの男の子のおちんちんも、きれいにツルッとしており、毛が生えている子は一人もいませんでした。たしかに、私はまだ毛が生えていませんし、私たちぐらいであれば生えていない子もいるでしょう。ですが、全員が全員ということは、さすがにありません。身体測定の邪魔になるとのことで、そこに毛が生えている子は、きれいに脱毛するようにと指示されていたのです。そしてそれは、女の子も同じでした。

 私が、長さを測るために、男の子のおちんちんに触ると、今までもピンと立っていたそれが、さらにいっそう大きくなったのです。

 男の子のおちんちんを間近で見ると、その先端までしっかりと皮に包まれている子と、その先端が少しだけほころんでピンク色の中身が覗けている子がいることがわかりました。

 でも、どっちの子も、透明などろっとした液体をおちんちんの先から出して、私の手を濡らしてくるのです。

 それでも、ノギスを使って、おちんちんの長さと直径を測ると、カルテへと記入していきました。でも、それだけではありません。そこには、「形状」という項目もあったのです。

 先生の説明では、おちんちんの先端が皮で覆われていて、その上で剥きあげることができなければ「真性包茎」、剥きあげることができれば「仮性包茎」、最初から剥き上がっているものを「露茎」というそうで、そのどれかに丸をつけるということでした。

 ですが、露茎は一人もいなくて、大部分の男の子が真性包茎、そして残りが仮性包茎といった感じでした。もっとも、先生の説明では、だんだんと仮性包茎、そして露茎の割合が増えていくとのことでした。

 そうやって、次々と男の子のおちんちんを計測していく私でしたが、困ったことも起きていました。計測の途中に、ほぼ全員の男の子が、おちんちんから白い濁った液体を発射してきたのです。そしてそれは、目の前にいる私の顔を、当然のように直撃したのです。

 ベトベトするし、なんだか栗みたいな臭いがして気持ち悪かったので、最初は先生にタオルで拭いてもらっていたのですが、あまりにもみんながかけてくるので、途中からは、いちいち拭いていたのでは時間がかかりすぎるということで、かけられたまま計測を続けることになりました。そのため、測定が終わる頃には、私の顔から首筋、肩にかけて、男の子たちの放った白い液だらけになってしまいました。

 そんな私の横では、遠藤くんが、女の子の割れ目を測っていたのですが、女の子たちは、遠藤くんに割れ目がよく見えるようにと、特別な椅子に座って、足を大きく開いていました。

 先生は、遠藤くんに、女の子の割れ目とクリトリスをよく揉んで、少しほぐしてから測るようにと指示を出しました。

 女の子たちは、遠藤くんに割れ目とクリトリスを触られると、全員が全員、そこから透明などろっとした液体をにじみ出させたそうです。

 そして、遠藤くんも、ノギスを使って、女の子の割れ目の長さ、クリトリスの大きさ、そして露出具合を測っていきました。

 ですが、ほとんどの女の子は、しばらく遠藤くんに股間をいじられると、その割れ目からおしっこをほとばしり出させたのです。もちろん、遠藤くんは女の子の股の間にかがみ込んで、女の子の割れ目の直前で計測をしているのですから、その場合はことごとく、女の子のおしっこを浴びることになってしまいました。

 そして、私と同じように、遠藤くんがかけられたおしっこも、そのたびにいちいち拭いていたのでは時間がもったいないと、最後までかけられっぱなしで計測が続けられたのです。

 こうして、他の一年生たちの測定が、みんな終わりました。ですが、終わった人、もしくは組から教室に帰るというようなことはせずに、全員、体育座りのまま、体育館の冷たい床へとしゃがみ込んでいました。

 残りは、当番の私たちだけとなりました。そして、交代で測定をしたのです。

 身長、体重は特になにも問題ありません。もちろん、直立不動で、自分の恥ずかしい部分を当番の男の子にしっかりと見られてしまうのですから、恥ずかしくなかったわけではありません。でもそれは、私だけではないと思って、気にしないことにしました。

 次の胸囲のところで、女の子たちからため息が発せられていた理由が、ようやくとわかりました。当番の男の子に、メジャーを使って測ってもらったあと、私は、その数値とともに次のように告げられたのです。ブラジャー認定不合格、と。

 でも、それはわかっていたことでした。自分でこんなことは書きたくありませんが、私の胸は、まだほとんど成長していないのです。そして、ブラジャー認定で合格するには、それこそ大人の女の人のように、大きな胸が必要とのことでした。

 もちろん、今回不合格でも、身体測定は毎月行われるのですから、来月に期待という気持ちもあります。でも、実際には、それは無理だろうことは、残念ながらわかりました。いくら成長期でも、一か月ぐらいでそれほど成長することはないと思います。

 私としては、なんとか一年生の内には、ブラジャー認定に合格したいです。でも、二年生でも半分ぐらい、三年生でも二割ぐらいの人は、ブラジャー認定に合格できないそうです。がんばってどうにかなるものでもありませんが、卒業までブラジャー認定不合格ということだけは、なんとか避けたいです。

 最後に、股間の測定が行われました。

 遠藤くんを含めて、他のクラスで当番をしていた男の子たちのおちんちんも測ってあげたのですが、案の定、全員から白いどろっとした液体をかけられてしまいました。

 先生は、自分たちもかけたのだからということで、今や私の顔だけではなく、首筋から胸、髪の一部までをも覆っている白い液体を、きれいに舐めとってあげるようにといいました。

 だから、遠藤くんと、他の男の子たちは、丁寧に、私にかかっている白い液体を舐めとってくれました。

 その後、私を含めた女の子の当番たちは、遠藤くんに割れ目とクリトリスを測ってもらいましたが、やはり全員が、おしっこを漏らして、遠藤くんにかけてしまったのです。今や、遠藤くんは、顔から髪の毛、首筋から肩に至るまで、一年生の女の子たちにかけられたおしっこでびっしょりでした。

 そして、そんなおしっこを、私たち女の子の当番が全員で、きれいに舐めあげてあげたのは、いうまでもありません。

 こうして、中学校で最初の身体測定は終わりました。

 ブラジャー認定のところでも書きましたが、どれだけ健全な発育を遂げているかを常に把握するために、身体測定は一月に一度、必ず行われるとのことです。それは、夏休み中であっても変わらなくて、登校日に実施されるそうです。

 来月の身体測定では、私は受ける側になります。「健全な肉体に、健全な精神」という校是に従って、よりいっそう、胸を大きくし、クリトリスも肥大させるとともに常に露出させていられるように、努力していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました